秋の深まりを感じる日々となりました。子どもたちは、秋の色々な園行事に興味を持ちながら取り組んでいます。一つ一つの出来事を通して、子どもたちの心と体の成長が豊かになりますよう祈っていきましょう。
今月の聖句の中に「主よ、あなたはすべてを知っておられる」とあります。これは、神様がそれぞれのタイミングに応じて、すばらしい贈り物を私たちに与えてくださることを意味しています。子どもたちは、秋の園行事の中で、神様がなしてくださった素晴らしい業を自分の目で見て、体を動かしながら、心の中で感じます。
間もなく、子どもたちはお芋ほりを私たちの幼稚園・教会の園庭で行います。
毎年、子どもたちと一緒に芋を植えて、掘る時を迎えます。植える時にせよ、掘る時にせよ、すべてにタイミング・時があります。
子どもたちは、お芋の成長を目で見て、手で触って、さらにはにおいなどをかぎつつ、さまざまなことを感じます。五感を総動員して大きくなったお芋と対面をするのです。
このすばらしい大地の贈り物との対面の時も神様が時を知っておられて、私たちに与えて下さっているのです。子どもたちが、幼稚園の中で神様が与えて下さるタイミングを聞き、生きとし生けるもののすばらしさを感じる中で、一人のしっかりとした人格をもった大人になっていってほしいと思います。